fbpx

チンジンムーユー
「清浄母語農場」について

屋号の清浄:

唐の禅僧・恵能(えのう)の「自性本自清浄」一節に由来する
※【恵能】天台宗六祖と称される禅の大成者。

 

母語:

四季の移ろいの中から聞こえる天地の声
 
農場創立:1989年
農場所在地:
台湾の南東部にある・台東県鹿野郷中央山脈原始林の天然浄水を使用
農場面積:100甲余り

 
農場主の呉昱劭夫婦はこだわりの食材を探し求めた末、家族をつれ都市を離れこの地で開墾し定住した。

清浄農法

三十年以来、農薬や化学肥料を使用せず、自然の恵みを大いに活用した農業や加工方法で独自の「清浄農法」を確立してきた。一般的には「自然農法・自然栽培」とは化学肥料や化学農薬を使わず、安全性の高い食品を提供すること」と思われているかもしれない。

 


 

農場主の呉氏は、地球上の生命は、食物連鎖によって自然界の生態系は保たれており、微生物の働きによって植物が作る栄養素を人間も含めたすべての動物は食べていきているという考えのもと、化学肥料や農薬を使わず、雑草を生かし虫も殺さず、そこに棲む生物と共存する自然な形の農業を営んでいる。


 

この「万物共生共栄」の信念を持って自然をあるがままの環境の下で、つまり「清浄」の状態で農産物を作ることで人々が健康に過ごすことができると農場主は考えている。

 

 

現在「清浄母語農場」の経営は農業の範疇にとどまらず、大地からのメッセージを傾聴し、天地万物の繋がりに中国・老子の知恵である「生々不息」の思想、哲学を取り入れ、実践し日々活動に取り組んでいる。

 


 

その結果、生産者も消費者も生命の大切さを深く認識し、豊かな大地で本当に健康なものを手に入れる。これこそ健康意識の改革ではないでしょうか。

 

清浄母語について

ªすべての製品は、「清浄農法」を標準的な育てられた農産品を原材料として作られています。砂糖(さとうきび蜜)、塩(竹塩)、油(ピーナッツオイル)もすべて清浄母語農場の自家製です。

ª化学的に精製された食品添加物を全く使用していません。

すべての製品は、イスランのハラールフードと仏教の精進料理の食品の基準に適っています。

 

清浄農法とは?

「清浄農法」とは、化学肥料・薬剤や殺菌剤を使用せず、動物や昆虫との共存も避けない、
地球の生態系に於ける環境(細菌も含む)と共存共栄を図る育成方法です。

 

清浄母語の酵素

自営の農場で自然に栽培した作物は、無農薬で無添加、また人工的な化学物質を全く使用していません。
自然発酵により得た清浄酵素は、体質改善、解毒、新陳代謝の促進などに効果的です。

 

産地直送・安心安全

季節の野菜・砂糖・米・油・竹塩・醤(ひしお)・酢・酵素・梅エキス・パン・果物ジュース等々
試行錯誤を経て、2018年現時点で、四百以上の商品を四季毎に市場に出荷している。

hanako-home-benner-20180424

お問い合わせ

(日本語・中国語):
携帯電話 090-5824-8250 (東京)
尾谷直香(オタニナオカ)まで

 

台北直営店:

台北市大安区金華街253-2号
(人気観光スポット永康街の近く)
TEL:02-2394-5111
月曜日~土曜日 09:30-20:30
日曜日 11:00-20:00

Scroll Up